まずは面接を受ける | パートの仕事を始める上で、アドバイスしたいことがあります
menu

まずは面接を受ける

髪を2つに束ねている女性

ではここからは、仕事を始める上で必ず通ることになる面接についての話をしておきましょう。
パートとして頑張る際にも、当然面接はしなければいけません。
就職面接と違ってパートの面接は大体どんな人も難なく突破することができると思いますが、一応面接における大事なアドバイスをしておきたいと思います。

まず面接で一番大事なこと、それは姿勢です。
当然のことですが、面接官にいい印象を与えられるように背筋を伸ばしてまっすぐ相手の目を見るようにしましょう。
姿勢ひとつであなたの印象というのはガラリと変わります。

そしてもうひとつ大事になってくるのが、履歴書についてです。
履歴書はどんな面接でも必要になることが多いですが、ちゃんと綺麗な状態を維持した上で渡すようにしてください。
履歴書が汚れていたり折れていたりすると、当然印象はよくありません。
そういうところがあなたの評価につながってしまうので、だらしない人は大体不採用になります。
だから履歴書を作っているときにトラブルが起こったら、新しい履歴書を作るべきです。

あとは面接をする際に、できるだけシフトには入れるということを伝えた方がいいでしょう。
パートの求人の場合は基本的に週に2回以上ならOKというところが多いと思いますが、だからといって少ないシフトを求めてしまうのはあまりおすすめしません。
特に人手に困っているようなところはできるだけたくさん入ってほしいと思っているものなので、他にもっと入れる人が来てしまったらその人が採用されてしまいます。
シフトについてはあとからいくらでも変えられますので、とりあえずいっぱい入れることをアピールするようにしましょう。